【柔道】篠原信一氏「前回の監督と違って素晴らしい。前の監督は何してたんや!」

芸能・スポーツ
【柔道】篠原信一氏「前回の監督と違って素晴らしい。前の監督は何してたんや!」

4c76db76-s

1: 2016/08/13(土) 20:52:43.39
前半終了時点で、すでにロンドンの7個を超えている。日本男子柔道の金メダルが初めて0に終わった、2012年ロンドンオリンピックで代表監督を務めていた篠原氏は、「前回の監督と違って、素晴らしいとしか言いようがないですね~! 選手の頑張りはもちろんですけれど、その頑張りをうまくサポートしていた井上監督はさすがだなと、前の監督は何してたんや!と。」 と、自虐的になりながらも監督と選手を称賛。

https://abematimes.com/posts/1121808
篠原 信一
篠原 信一(しのはら しんいち、1973年1月23日 )は、日本の柔道家(六段)。 青森県東津軽郡平内町生まれ、兵庫県神戸市長田区出身。身長190cm、体重135kg。血液型はB型。 芸能事務所「エースアラウンド」所属(業務提携)。得意技は大外刈り。

概要
シドニー五輪100kg超級決勝で、フランスのダビド・ドゥイエと対戦した際に、ドゥイエが内股を仕掛けてきたのに対して篠原は内股すかしで返した。これに対して、主審はドゥイエの有効と判定。副審の一人は篠原の一本と判定したものの、もう一人の副審が主審の判定を支持したため、ドゥイエに有効が与えられた。選手団監督の山下泰裕は、審判委員から審判団の再協議を申し出られたにもかかわらず、フランス語の分からない山下はそれに気づかず試合の継続を許してしまった。その後、ドゥイエが注意を受けたことにより、篠原に有効が与えられ両者のポイントが並んだが、さらにその後、ドゥイエが再び技で有効を奪い、そのまま試合が終了。有効一つの差でドゥイエの優勢勝ちとなった。

a

篠原 信一 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


90: 2016/08/13(土) 20:59:05.56
>>1 
ええな

116: 2016/08/13(土) 21:00:59.58
>>1 
持ちネタになったな

131: 2016/08/13(土) 21:02:27.29
>>1 
このお方はもう完全にお笑いの人ですわw

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました