高樹沙耶の逮捕で怯える、大物芸能人6名が浮上!

高樹沙耶の逮捕で怯える、大物芸能人6名が浮上!

a

1: 2016/10/28(金) 18:33:55.72 
大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された元女優、高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)。捜査関係者によると、かねてから重要人物としてマークされていたという。実のところ、重要人物は、この元女優に限らない。大麻はおろか、覚醒剤など違法薬物の常習者として捜査当局が追う芸能・有名人は少なくなく、夕刊フジが取材でつかんだだけでも6人にのぼる。次に挙げられるのはコイツらだ。

元プロ野球選手の清原和博氏、元俳優の高知東生氏が覚醒剤事件で相次いで逮捕されるなど、有名人の薬物事件は後を絶たない。

いずれも警察、麻薬取締部がそれぞれリスト化してマークしていた人物で、高樹容疑者もその中に含まれていた。それらのリストに載る芸能・有名人は、夕刊フジがつかんだだけでも6人を数える。

警察が証拠を押さえ、逮捕のタイミングを計っているというのが、大物芸能人のAだ。
893映画に出演し、コワモテの一面もあるが、一般的には爽やかなイメージで通っている。「最近、妙な言動と行動が目立って危なっかしい」と関係者も気が気でないようだ。

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161028/enn1610281140006-n1.htm
2016.10.28

3: 2016/10/28(金) 18:34:24.00 _USER9
俳優Bは、海外の大物が手がける作品に出演するなど絶好調だが、芸能プロ幹部は「業界内で『奇抜な発言を考えると、やはり』という見方が強い」と話す。
ミュージシャンとしても活動し、「CDのジャケットが妙にサイケデリック調なところも気になる」と打ち明ける。

1990年代から活動する人気女性歌手Cは、関係者が過去、大麻所持で逮捕された。広告代理店関係者は「一時、彼女が急に太りだしたことがある。
大麻は食欲を増進させると噂されているので、『あやしい』ともっぱらの評判だった」と振り返った。

実力派女優Dは数年前、一部で「尿検査で陽性反応が出た」と断定的に報道された。
そのころ、Dを張り込んでいたカメラマンは「パーティーから出てくると、ヘラヘラとおかしな笑いを浮かべていたのを強烈に覚えている」と明かす。

大麻の吸引時を撮られた写真があるとされるのは、ベストセラー作家のE。
仮にEが逮捕されることがあれば、衝撃は先の大物芸能人どころではない。若者に人気のミュージシャンFは、音楽仲間が薬物事件で逮捕された際、捜査当局を批判し、「いまも大麻に対する認識が改まっているとは思えない」と音楽関係者は危ぶむ。

体をむしばむどころか、社会をもむしばむ違法薬物。捜査関係者は「社会にその恐ろしさを知らしめるためにも、(リストに載る)薬物常習者を絶対、逮捕に持っていく」と意気込む。心当たりのある者にとって寝覚めの悪い日が続く。
4: 2016/10/28(金) 18:34:29.07
春樹

6: 2016/10/28(金) 18:35:39.37
哀川ww
続きを読む

シェアする

フォローする