人気女性デュオ『花*花』が活動休止に追い込まれた真相…(画像あり)

人気女性デュオ『花*花』が活動休止に追い込まれた真相…(画像あり)

a

1: 2016/10/28(金) 09:36:33.41 
「さよなら大好きな人」などのヒット曲で紅白歌合戦にも出場した女性デュオ「花*花」が27日深夜、テレビ東京系「じっくり聞いタロウ」(木曜、深夜0時12分)に出演し、活動休止の真相を明かした。

こじまいずみ(40)とおのまきこ(39)の女性デュオの「花*花」は、1998年にデビューし2000年に「あ~よかった」でメジャーデビューを果たし、この年に紅白初出場を果たすなど人気を博した。

ところが、「さよなら大好きな人」は約53万枚を売るヒットを残したが、2003年に突然、活動を休止した。

その理由を番組で「事務所がなくなってしまった」ためと明かした。当時の事務所は所属する芸能人が「花*花」の2人だけ。音楽をマネジメントする会社だったが親会社がまったく別の業種で、当時、中国国内で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の影響で経営していた工場が閉鎖し、音楽事業からの撤退を余儀なくされたという。

2人によると年末にマネージャーから「事務所なくなります」と突然告げられ、活動休止を余儀なくされたという。
それでも地道にそれぞれが音楽活動を続け、2009年に再結成し現在に至っていると明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000038-sph-ent
スポーツ報知 10/28(金) 9:03配信

no title

さよなら大好きな人 花*花


花*花
花*花(はなはな)は、1998年にデビューした日本の女性デュオ。 小学生時代、高砂市児童合唱団で同期だったこじまいづみとおのまきこによって結成された。 結成当時はシャンプーを捩って「RINSE(リンス)」という名前だった。その後「花*花」という名前でインディーズ活動を経て、メジャーデビューした。「花」と「花」の間の「*」は、本来花のマークであり、インディーズの頃の活字表記では「花花」が使われることが多かった。

概要
基本的にこじまがメインボーカル。おのは低音パートを担当したりピアノに専念したりするが自身が作詞作曲した曲ではメインボーカルも務める。女性の気持ちを美しい風景や身近に有る雑貨などを背景にしたり歌詞を反復させたりするような曲が多い。 メジャーデビュー曲の「あ~よかった(Setagaya Mix)」はよみうりテレビの『ダウンタウンDX』のテーマ曲に使われるなどして大ヒット、TBS系の『第33回全日本有線放送大賞』では新人賞を受賞したり、『第51回NHK紅白歌合戦』にも出場し、続く2001年に「さよなら大好きな人」もドラマ『オヤジぃ。』の主題歌に起用されるなど、将来を有望視されていた。その年に「今年ブレイクしそうなアーティスト」で1位を獲得するも、2003年に活動休止を発表。

a

花*花 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


2: 2016/10/28(金) 09:37:00.06
顔だよ顔

7: 2016/10/28(金) 09:38:51.12
>>2 
結論が出ました

172: 2016/10/28(金) 10:35:30.80
>>29 
あの二人生歌だと声が全然違うのがな
続きを読む

シェアする

フォローする