【君の名は。】興収200億円、邦画歴代2位が射程圏内!

【君の名は。】興収200億円、邦画歴代2位が射程圏内!

a

1: 2016/10/28(金) 09:26:13.97
今年の映画界最大トピックとなるだろう『君の名は。』が、どうやら最終興収で200億円を超える見通しが立ったようだ。確定ではないが、公開9週目にあたる10月22、23日の土日成績を踏まえ、関係者への取材も含めて、やっとこの段階で、そう推定できる。この2日間では、興収4億7629万円を記録。何と前週の101.8%と、またしても数字を伸ばしたことが、この推定につながった。ちなみに、23日時点での累計は、164億1082万円だった。

新海誠監督&若手起業家・椎木里佳が語り合うアニメ観客層の変化

◆来週中に『踊る大捜査線2』(174億円)を超え、邦画歴代4位へ

この推移から、邦画の歴代興収では、来週中に『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボ―ブリッジを封鎖せよ!』(174億円)を超え、第4位に食い込む。その上は『千と千尋の神隠し』(308億円)、『ハウルの動く城』(196億円)、『もののけ姫』(194億円)の3本だけだ。これで、おそらく邦画興収歴代2位の可能性が出てきた。200億円というとてつもない数字は、簡単に活字にはできない。9週目に至って、やっと“見通し”として記述することができた。興行とは、ここまでデリケートな側面をもつ。

以上のような200億円への道筋を含め、本稿では、映画界における『君の名は。』のメガヒットの意味を、少し整理してみた。いろいろ広がりは大きいが、ちょっと稀な事例として、ある特定の映画館に思わぬ利潤をもたらしたことをまず挙げたい。もちろん、本作を上映しているシネコンが残らず恩恵を受けたわけだが、本来なら上映されるはずもない映画館が、上映の“栄誉”に浴し、膨大な収益を上げたことに、少々驚いたのだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000331-oric-ent
オリコン 10/28(金) 8:40配信

君の名は
『君の名は。』(きみのなは)は、新海誠監督の長編アニメーション映画。2016年8月26日公開。『言の葉の庭』から3年ぶりとなる新海の6作目の監督作品。新海作品としては初めて製作委員会方式を取っており、前作の全国23館から一転、本作は全国約300館という大規模な興行となった

概要
興行収入は公開後2日間で7.7億円と、その時点で前作の推定総額1.5億円を遥かに上回った。8月26日金曜日の初日を合わせた3日間では、動員96万人、興収12.8億円となり、その後も4週連続で1位を獲得、累計では9月19日までに動員698万人、興収91億円を突破した

a

君の名は - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


6: 2016/10/28(金) 09:33:37.43
次回作のハードル上げ過ぎ

8: 2016/10/28(金) 09:35:00.91
宣伝なしなのがすごいよな 
シン・ゴジラ活字メディアでのゴリ押し凄かったのに 
若い人見向きもしなかった

12: 2016/10/28(金) 09:38:05.46
>>8 
活字メディア見ないんだろ 
若い人は気に入ったら勝手にSNSで宣伝しまくってくれる
続きを読む

シェアする

フォローする