【悲報】バーニングと三代目JSBの『レコード大賞買収』問題を各メディア総スルー(画像あり)

【悲報】バーニングと三代目JSBの『レコード大賞買収』問題を各メディア総スルー(画像あり)

8Lb2_CiYyVSMt5U1477580114_1477580121

1: 2016/10/27(木) 09:24:04.22 0
スッキリ ビビット とくだね モーニング

どれも取り上げない



>「一番の問題は、バーニングとスポーツ紙が普段から昵懇の間柄だということ。 “赤坂”(バーニングの所在地)が供給する芸能ネタは彼らには必要不可欠なんです。 各社には『B担』と呼ばれるバーニング担当記者がいて、日頃から会食などで親密に付き合っています」(音楽業界関係者
no title
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161026-00006709-sbunshun-ent

●wikiに載ってる審査員
審査委員長:川崎浩(毎日新聞)
審査委員兼幹事(2人):サンケイスポーツ、日刊スポーツ
審査委員 新聞社社員(11人):産経新聞、時事通信、
スポーツニッポン、デイリースポーツ、東京新聞、東京スポーツ、東京中日スポーツ、
日本経済新聞、報知新聞、夕刊フジ、読売新聞
TBS系列局社員(4人):北海道放送、中部日本放送、毎日放送、RKB毎日放送。
音楽評論家・音楽プロデューサー(5人)

日本レコード大賞
『日本レコード大賞』(にほんレコードたいしょう)は、スポーツ紙を含む各新聞社の記者が中心となって決定する、音楽に関する賞である。略称は「レコ大」(レコたい)。 TBSテレビとTBSラジオが放送し、番組名は『輝く!日本レコード大賞』。

概要
1959年に創設され、1970年代から80年代にかけて、テレビにおける歌番組の隆盛と共に最盛期を迎えた。しかし、レコード会社や事務所の力関係により受賞者が決まっているとの指摘もあり、賞レースに左右されない音楽活動をしたいことなどを理由に、受賞そのものを辞退する有力アーティストが90年代から増えるようになった(福山雅治、B'z、Mr.Children、ジャニーズ事務所所属歌手など)。 これにより賞の権威は大きく低下し[5]、第36回(1994年)には大賞受賞者が授賞式に出席しないという異例の事態となった。それ以降、歌手が受賞を辞退した場合又は歌手がその年に死去した場合、その楽曲は大賞受賞曲とはならない。 主催は公益社団法人日本作曲家協会、後援はTBSである。

Japan_Record_Award_AKB48

日本レコード大賞 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia

2: 2016/10/27(木) 09:27:33.91 0
腐りきってる

3: 2016/10/27(木) 09:27:59.02 0
報道しないのは買収問題より根深い芸能界の闇だよ

5: 2016/10/27(木) 09:29:11.95 0
想定内だな

6: 2016/10/27(木) 09:29:18.05 0
さすがにTBSはやんないと思うけど

続きを読む

シェアする

フォローする