斎藤佑樹「来季は中継ぎもOK!どこでもいい!やるしかない」

芸能・スポーツ
斎藤佑樹「来季は中継ぎもOK!どこでもいい!やるしかない」

a

1: 2016/11/10(木) 14:49:51.95 
日本ハムの斎藤が不退転の決意で完全復活を目指すと明かした。昨秋から先発一本で練習を積んだものの、今季は11試合登板、0勝1敗、防御率4・56と不本意なシーズンに。

この日、千葉・鎌ケ谷市の2軍施設での秋季練習を打ち上げ、「(先発、中継ぎ)どこでもいい。結果を出すためにやるしかない」と意欲。投球ではプレートの三塁側を踏んでいたものを一塁側へ変更。「いろいろと試しながら固めていきたい」と表情を引き締めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12262006/
2016年11月10日 6時5分 スポーツ報知

no title

http://npb.jp/bis/players/01905133.html

斎藤佑樹
斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日)は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。オーバースローから投げる平均球速約139km/h、プロでの最速147km/hのストレートとスライダー、フォークボール、ツーシーム、カットボールを軸とし、稀にチェンジアップやカーブを混ぜる投球を見せる。

概要
打球がゴロになりやすい投球で、2012年には全打球の半分以上をゴロにしている。「アマチュア時代の経験が感覚を研ぎ澄ませてくれた」と言い、ボールをリリースする直前に「打たれる」と思った瞬間、身体が反射的に反応してボール球を投げる「危険察知能力」を強みとし、2012年は得点圏での被打率が低かった。2012年には、ストレートの空振り率が2パーセントと一軍では最低レベルの数値を記録した球威不足のため、初球のストライク率が低いボール先行の投球となり、2014年まで通算与四球率3.54と制球に苦しんでいる

A

斎藤佑樹 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


2: 2016/11/10(木) 14:51:17.80
決意だけは毎年立派だな。

3: 2016/11/10(木) 14:51:35.60
中継ぎで打たれまくって、やっぱり先発にこだわる不退転の決意、 
って記事が出るのはいつごろかな

4: 2016/11/10(木) 14:52:03.10
去年も一昨年も一昨々年も崖っぷちで不退転でしたが・・・(´・ω・`)
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました