ドワンゴの川上会長が宮崎駿を怒らせる「障害者を侮辱していると」

アニメ 漫画
ドワンゴの川上会長が宮崎駿を怒らせる「障害者を侮辱していると」

hlhDVCGmu_aR4Bw1479071922_1479071930

1: 2016/11/14(月) 00:20:58.36 
11月13日の21時から放送された『終わらない人 宮﨑駿』にてKADOKAWA・DWANGO代表取締役会長である川上量生が宮崎駿に激怒される場面があり話題となった。

アニメ界の巨匠、宮崎駿が何故川上量生に対して激怒したのか? 川上量生は人工知能の実験として自ら移動する手段を持つプログラムを宮崎駿にプレゼンした。

すると宮崎駿は「身体障害の友人がいるんですよ。ハイタッチするだけでも大変なんです。彼の筋肉がこわばっている手と僕の手でハイタッチするの。その彼のことを思い出してね僕はこれを面白いと思って見ることができないですよ。これを作る人たちは痛みとか何も考えないでやっているでしょう。極めて不愉快ですよね。そんなに気持ち悪い物をやりたいなら勝手にやっていればいいだけで僕はこれを自分達の仕事とつなげたいとは全然思いません。極めてなにか生命に対する侮辱を感じます」と川上量生に対して怒りを露わにした。

川上量生はまさか怒られるとは思っていなかったようで一瞬言葉が出ず、上を見上げ考えたあと「これってほとんど実験なので世の中に見せてどうこうとそういうものじゃないんです」と弁明。

宮崎駿の隣に座っていた鈴木プロデューサーも「どこにたどり着きたいんですか?」と詰め寄り、スタッフが「人間が描くのと同じように絵を描く機械」と答えた。

川上量生らがプレゼンしたのはあくまで人工知能の実験であり、身体障害者がどうのという物では無いのはたしか。動きが気持ち悪く見えそれに対して宮崎駿が過剰反応してしまったのだろう。

川上量生は宮崎駿に弟子入りしており、普段は仲が良い。ただ長期間のNHKの密着の中でこうした場面もあったということだろう。
no titleno title
http://gogotsu.com/archives/23400
 


宮崎駿
宮﨑 駿(みやざき はやお、1941年1月5日 - )は、日本の映画監督、アニメーター、漫画家。別名として秋津 三朗(あきつ さぶろう)、照樹 務(てれこむ)がある。映画などのクレジットタイトルでは宮崎 駿(みやざき はやお)と表記されることもある。 株式会社スタジオジブリ取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長、三鷹市立アニメーション美術館館主、辺野古基金共同代表。

概要
東京府東京市出身(出生地は現在の墨田区、文京区という説もある)。学習院大学政経学部卒。埼玉県所沢市上安松在住。東京都小金井市、三鷹市名誉市民。アニメーション制作会社スタジオジブリに映画監督として所属し、2005年4月より取締役。また、自身が企画開発した三鷹の森ジブリ美術館の館主である。個人の事務所は株式会社二馬力で、主に宮﨑の著作権関連の管理を行っており、かつては自身が代表取締役社長を務めていた。愛煙家としても知られている。

ref_l

宮崎駿 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


2: 2016/11/14(月) 00:22:26.48
コイツの零戦観と幼女観のほうがキモいわwwww

217: 2016/11/14(月) 01:28:27.61
>>2 
確かに

7: 2016/11/14(月) 00:27:13.32
確かに人工知能の実験を変な人型でやる意味も良く分からんけどね
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました