【朗報】のん(能年玲奈)に大河ドラマ出演のビックチャンス到来!

芸能・スポーツ
【朗報】のん(能年玲奈)に大河ドラマ出演のビックチャンス到来!

a

1: 2016/11/18(金) 12:58:42.42 
東京オリンピック前年にあたる2019年のNHK大河ドラマは、五輪を題材とすることになった。脚本は13年の連続テレビ小説「あまちゃん」を手がけた宮藤官九郎(46)が担当し、同作のスタッフが集結するだけに、ヒロインには能年玲奈改めのん(23)を待望する声が早くも挙がっている。

タイトルや出演者、主人公は未定で、主な舞台は東京になる。大河で近現代史を取り上げるのは「いのち」(1986年)以来33年ぶり。

初参加の1912年のストックホルム大会に始まり、「前畑ガンバレ」の実況で知られる36年のベルリン大会などを経て、64年の東京五輪までの人々の奮闘を描き、多くのヒーロー、ヒロインが登場するとみられる。

大河初挑戦の宮藤は、「自分に大河は無理」と思ったというが、「戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇。歴史に動かされた人と町の変遷を1年かけてじっくり描く」と構想を明かす。

制作陣も訓覇圭(くるべ・けい)チーフ・プロデューサーに、井上剛チーフ・ディレクターと「あまちゃん」スタッフが再集結。

このため、早くも「あまちゃん」でヒロインを演じた「のん」の出演が取り沙汰されている。

のんは事務所移籍のトラブルなどがあり、民放ではキャスティングを控えている。だがNHKにとって、朝ドラ再興の功労者。現在声優を務めるアニメ映画『この世界の片隅に』もニュースで取り上げ、インタビューを流したほど。ヒロインのひとりとしての起用は十分に考えられる」とマスコミ関係者。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


・大河出演が期待されるのん
no title
・宮藤官九郎
no title
ZAKZAK:
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161118/enn1611181130007-n1.htm

のん
能年 玲奈(のうねん れな、1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 2016年7月より芸名をのんに変更して活動することを表明

概要
「あまちゃん」ヒロイン合格発表はオーディションの最終審査としてNHKに呼ばれ、合格通知の入った封筒を渡されるというサプライズだった。しかし能年は封筒に入った紙に書かれた『ヒロインは能年さんに決定しました。』という文字を最終審査の台本だと勘違いし、声にだして読むも気づかずスタッフから「もう一度読んでください。」と言われ、何度も読んでしまった。最終的にはプロデューサーから「能年さんに決定しましたよ。」と言われ、そこで初めて気づいた。 演技指導として薬師丸ひろ子の映像を見るように指示され、能年は薬師丸の出演作品をほぼ視聴している。『あまちゃん』オーディションの際、「憧れのアイドル」欄に薬師丸の名前を記載。当時はキャストは誰一人公開されていなかったが、偶然にも本作で薬師丸演じる「大女優・鈴鹿ひろ美」に憧れ、芸能界に飛び込み付き人になる役として共演を果たした

A

のん - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


2: 2016/11/18(金) 12:59:25.61
主演 のん 
 

3: 2016/11/18(金) 13:00:00.96
ネタキャラになっとるな

5: 2016/11/18(金) 13:00:36.99
本当に主役にするなら面白いが脇役としても出なそう
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました