そば湯を飲む彼氏を受け入れられない女性、ガチで終了…

速報・ニュース
そば湯を飲む彼氏を受け入れられない女性、ガチで終了…

a

1: 2016/11/17(木) 12:29:34.18
そば湯を飲んだこともなく、そば湯を平気で飲む彼氏は受け入れられないと福岡県出身の20代の女性が書いた匿名ブログが発端になり、それをキャリコネニュースが面白おかしく記事にして、ブロゴスでも取り上げたものですが、そば湯を飲むのは関東だけで、西日本にはそば湯を飲む習慣がないという風説がさらにSNSで広がっていったようです。

「彼氏がそば湯を飲むのが信じられない!」 

この記事によると、そば湯を飲む風習は信州から江戸に広まったもので、「信州(長野県)以西の地域でそば湯の風習があまり一般的でないのはこうした背景もありそうだ」としていますが、記事を書いた人はあまり西日本のそば事情とか西日本の食文化をあまりご存じないのでしょう。

福岡のそば事情は知らないのですが、関西生まれ関西育ちでも、思わず、えっ、西日本はそば湯を飲まない、それどころかそば湯を知らない人がいるのかと驚いてしまいました。

関西でも、いやその他の西日本でも「手打ち」と書かれていてそば湯がでてこないお店を見つけるほうが難しいのではないでしょうか。おそらくその福岡出身の女性は「手打ち」のそば屋さんに行った経験がなかったのでしょうか。

確かに、半世紀くらい前なら関西は「手打ち」のそば屋さんが少なく、うどんやさんがそばも出すという程度でした。「手打ち」のそば屋さんは、兵庫県の出石、島根県の出雲などのそばのメッカを除けば少なく、ましてそば湯を出す店が少なかったのは事実です。

http://lite.blogos.com/article/198234/
2: 2016/11/17(木) 12:30:25.48
そもそも美味い蕎麦でないとそば湯美味くないからな

25: 2016/11/17(木) 12:36:57.90
>>2 
打ち粉にちゃんとしたものを使わないと蕎麦湯にならんからな 
片栗粉なんかを使ってたら、ただのとろみがついたお湯だし

3: 2016/11/17(木) 12:31:17.24
そば湯飲むのなんて長野に新そば食べに行ったときくらいだわ
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました