極楽・山本テレビは当面自粛「小さいことから…」

芸人
極楽・山本テレビは当面自粛「小さいことから…」

L0jlNcNliaP4q9j1479682590_1479682598

1: 2016/11/21(月) 05:13:29.15 
2006年に不祥事を起こして吉本興業から契約解除されたお笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(48)が、古巣の吉本に復帰することが20日、発表された。9月からフリーの立場で、相方の加藤浩次(47)とコンビ活動を再開していたが、これで本格的な復活となる。山本はこの日、都内で行われた全国ツアー千秋楽で被害者や関係者に謝罪。「小さいことから頑張っていきます」と神妙かつ力強く語った。

全演目を終え山本はスーツ姿で壇上に立った。15都市17公演を完走し、「終わってみればあっという間ですが…」と目を赤くした。06年に未成年女性との不祥事が明るみになり、契約解除を受けて実に10年。加藤に促され「10年前にさかのぼります。ご迷惑をかけた皆さまにこの場を借りて、申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

続けて加藤が「発表させてもらいます。10日くらい前に、僕と山本と、吉本興業の大崎(洋)社長でお話しさせてもらい“10年たつか。戻ってくるか”という話をいただきました!」と報告すると、「おぉー!」とどよめきが起き、温かい祝福と拍手が送られた。

解雇騒動の当時、所属していた野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の監督だった萩本欽一(75)も再起への歩みを陰から見守っていた。山本に近い関係者によると、15年1月19日に東京・下北沢で行った復帰ソロライブに先駆け、山本は欽ちゃんの元を訪れた。入場料を取らない投げ銭方式で行われることを聞いた欽ちゃんは「じゃあ、俺が一番最初に入れてやる」と、山本の持つカゴにお金を入れたという。顔に泥を塗った“恩師”の思いやりも背負って、復活を期した。

今後は加藤の「一からちょっとずつ」との言葉通り、テレビ出演は当面自粛し、劇場での活動を中心に再起を図る。山本は「山本圭壱、加藤浩次。極楽とんぼをよろしくお願いいたします!」と、やっと果たした本当の復帰に声を震わせながら、心からの叫びを上げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000175-spnannex-ent 
山本 圭壱
山本 圭壱(やまもと けいいち、本名:山本 圭一〔読み同じ〕、1968年2月23日 - )は、日本の元お笑いタレント・俳優・野球選手。かつて吉本興業東京(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京)に所属し、お笑いコンビ極楽とんぼの主にボケの担当をしていた。当時の相方は加藤浩次。

人物
1989年、月謝の滞納が続き金銭的に苦しいと思っていた所、雑誌の切り抜きに“吉本興業、東京進出! 新規芸人募集!”の広告記事が目に付いて、これに飛び付き加藤とともに吉本興業入りし「極楽とんぼ」を結成。2002年11月2日に桜美林大学の学園祭に出演した際、ステージ上で下半身を露出し、公然わいせつ容疑で警視庁町田署から書類送検された。相方の加藤も公然わいせつ補助容疑で書類送検。吉本興業から極楽とんぼは厳重注意を受け、当時出演中だったNHK教育テレビ(現・Eテレ)『天才てれびくんワイド』を降板した。2006年7月17日、7月16日深夜に10代の少女に対して飲酒行為と性的暴行に及んだとして少女が被害届を北海道警察函館西署に提出した。山本は署から任意聴取を受け、直後に吉本興業から専属マネジメント契約の解除を通告された。



山本 圭壱 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


2: 2016/11/21(月) 05:29:50.43
よかったな、ともあれよかった 
お前はよく努力したよ

5: 2016/11/21(月) 05:44:01.48
TV出たら 
クレーム入れるわ

7: 2016/11/21(月) 05:44:17.42
めちゃイケは誰も見てない 
こっそり出ても大丈夫
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました