NHK紅白歌合戦で大御所達が落選した理由

NHK紅白歌合戦で大御所達が落選した理由

UvvNq2U3fhzxrZ71479979660_1479979664

ベテラン勢落選理由を番組CP語る



大みそかに放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出演者が24日、発表された。リストにはすでに“紅白卒業”を公言していた過去39回出場の細川たかしに加え、同じく39回出場の和田アキ子、22回の伍代夏子、21回の藤あや子の名前がなかった。

番組担当プロデューサーの矢島良・制作局エンターテインメント番組部チーフ・プロデューサー(CP)が、ベテラン勢の選考理由について取材に応じた。

まず、細川については、事前に「紅白卒業」を公言していたということを理由に挙げた。「細川さんに関しましてはご卒業ということを表明されていましたので、お気持ちを尊重してお声がけをしなかったということであります」と説明した。

落選組で一番のビッグネームとなったのは和田アキ子。出演者としてのみならず、紅組司会を3回務めるなど、貢献度は大きかった。矢島CPは「和田さんに関しましては39回、紅白に出ていただいて、歴史の中では紅組のリーダーとか、司会とか、多大なるご協力をたまわってきて、本当に我々としては感謝の気持ちでいっぱいです」と、最大級の謝辞を述べた。その上で、「ただ、今年の選考ということに関しては総合的な選考の中で判断させていただいたということです」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000088-dal-ent

スポンサーリンク
続きを読む

シェアする

フォローする