【紅白】最多出場の和田アキ子が紅白落選

歌手
【紅白】最多出場の和田アキ子が紅白落選

hBgMd775oLLE6f21479936348_1479936357

1: 2016/11/24(木) 04:34:58.06
大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が、24日午後に発表される。 紅組は39回の歴代最多出場を誇り、1986年から31年連続の出場を目指していた大御所、和田アキ子(66)が落選した。

歌唱面のみならず、紅組司会を通算3度務め、長年大みそかの“顔役”だった和田が落選した。

13年の北島三郎(80)以降、ここ数年、大物の卒業や落選が続いていることを受け、当落に注目が集まっていた。和田は今年、女性歌手歴代単独1位となる連続出場31回の快挙がかかっており、NHKは慎重に選考を進めたが、関係者によると23日に入り、色濃くなった世代交代の流れを支持する局内の声が強まり、出場見送りを決定。所属事務所に通達した。

70年に初出場し、78年まで9年連続出場。86年に返り咲いてからは紅組のトリを7回務める常連となり、98年には大トリをとった。紅組司会としては97年、白組の司会を務めた「SMAP」中居正広(44)との軽妙な掛け合いがお茶の間を大いに沸かせ、「ゴッド姉ちゃん」「芸能界のご意見番」として認知される存在感を示した。

実績もさることながら常に出場歌手の中心に立ち、場を盛り上げてきた和田だけに、同局関係者は「紅白の一時代が終わりを告げた印象が強い」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000156-spnannex-ent
和田 アキ子
和田 アキ子(わだ アキこ、1950年4月10日)は、日本の歌手、タレント、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家である。

概要
父親は柔道の道場を開いており、和田の持ち前の大きな体もあり、中学1年生の頃すでに柔道初段であった。 また父親は礼儀作法・しつけに厳しく、全てのことは男性優先で男尊女卑、父の前では正座・敬語を使わなければいけないなどの厳しい家庭環境で、まだ小学生であった和田を殴りつけるなど、たびたび鉄拳制裁・暴力を加えられることもあった 。 この父を憎んで反発し、中学2年生の頃には不良番長として子分を従えて歩き、飲酒・喫煙を繰り返し、大阪ミナミの繁華街を縄張りにし「ミナミのアコ」と呼ばれ恐れられていたという。ジャズ喫茶で歌っていたところを、当時は弱小音楽事務所であったホリプロダクション(現:ホリプロ)社長の堀威夫にスカウトされ上京し、1968年に歌手デビュー。

a

和田 アキ子- Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


154: 2016/11/24(木) 05:11:42.01
>>1 
もう何年もヒット曲がないんだから当然の結果だろ 
今まで何で39回も出場出来たのか不思議なくらい

2: 2016/11/24(木) 04:36:10.60
今までにヒット曲を一回も出したことないからしゃーない

7: 2016/11/24(木) 04:38:46.11
だってしょうがないじゃない
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました