和田アキ子のCD売上が爆死連発←紅白落選も納得ワロタ

芸能・スポーツ
和田アキ子のCD売上が爆死連発←紅白落選も納得ワロタ

a

1: 2016/11/27(日) 18:11:19.69
最近のCD売上

80作 How We Do It!!!/(Everything Will be)All Right(2006年5月10日) 初動 1,819枚

81作 ゴールデンタイム(2007年6月27日) 1,120枚

82作 幸せのちから(2008年2月27日) 6,019枚

83作 Brand New PARADISE(2009年2月25日) 枚数不明

84作 あなただけの青空(2009年3月4日) 1,015枚

85作 キララ・キララ・バカ(2009年10月21日) 枚数不明

86作 人生はこれから(2010年10月20日) 348枚

87作 ff (フォルティシモ)(2011年4月20日) 枚数不明(HOUND DOGのカバー)

88作 今夜は夢でも見ましょうか(2012年7月25日) 1.000枚(CD購入者対象の握手会実施)

89作 今でもあなた(2013年7月3日) 1.000枚(秋元康作詞

 a

和田 アキ子
和田 アキ子(わだ アキこ、1950年4月10日)は、日本の歌手、タレント、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家である。

概要
父親は柔道の道場を開いており、和田の持ち前の大きな体もあり、中学1年生の頃すでに柔道初段であった。 また父親は礼儀作法・し つけに厳しく、全てのことは男性優先で男尊女卑、父の前では正座・敬語を使わなければいけないなどの厳しい家庭環境で、まだ小学生であった和田を殴りつけるなど、 たびたび鉄拳制裁・暴力を加えられることもあった 。 この父を憎んで反発し、中学2年生の頃には不良番長として子分を従えて歩き、飲酒・喫煙を繰り返し、大阪ミナミ の繁華街を縄張りにし「ミナミのアコ」と呼ばれ恐れられていたという。ジャズ喫茶で歌っていたところを、当時は弱小音楽事務所であったホリプロダクション(現:ホ リプロ)社長の堀威夫にスカウトされ上京し、1968年に歌手デビュー。

a

和田 アキ子- Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia


2: 2016/11/27(日) 18:11:59.21

4: 2016/11/27(日) 18:12:56.37
声豚向けの知らんアイドルが出るよりはマシやけどな

10: 2016/11/27(日) 18:14:12.22
>>4 
薬用石鹸やな

5: 2016/11/27(日) 18:13:13.52
セカオワよりワダオワが見たいよね
スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました