【悲報】また救急車が叩かれそうな事故が発生する(画像あり)

速報・ニュース
【悲報】また救急車が叩かれそうな事故が発生する(画像あり)

DvaSP0fdjOUr3Bj1481464114_1481464122

患者搬送中の救急車が接触事故


11日午前9時半ごろ、山口市湯田温泉の県道で、山口市消防本部の救急車が、ホテルで入浴中に意識不明になった30代の男性を搬送する際、赤信号で交差点に入ったところ、横断していた男子高校生の乗った自転車をはねました。

消防によりますと、高校生は足に軽いけがをし、救急車は、別の消防署員が到着して事故の対応を引き継いだあと搬送を続けましたが病院への到着がおよそ8分遅れたということです。

男性は病院で医師の手当てを受けましたが、およそ1時間後に死亡が確認されたということです。

警察によりますと、救急車は信号が赤だったためサイレンを鳴らし、スピーカーで注意を呼びかけながら交差点に入りましたが、青信号で横断していた自転車をはねたということです。

消防によりますと、対応に当たった医師は、搬送の遅れによる影響は無かったと話しているということです。

救急車が事故で8分遅れる 男性死亡 医師は“影響なし”

no title


関連動画




患者搬送中の救急車が衝突事故 病院到着後に死亡(16/12/11)

スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました