火災で5歳の男児が亡くなる事故を起こした『東京デザインウィーク』が忘年会を企画し炎上中(画像あり)

速報・ニュース
火災で5歳の男児が亡くなる事故を起こした『東京デザインウィーク』が忘年会を企画し炎上中(画像あり)

l_IdOraFhPp0Bn31481708688_1481708699

ボランティアスタッフに会費4000円で参加を募る


11月6日に展示物が炎上し、その展示物に閉じ込められた5歳の男の子が焼死した事件で、同アート展にも問題があったのではないかと言う声が挙がっていた。 

出火原因は展示物を照らしていた照明から引火したものだと見られている。

そんな東京デザインウィークが、ボランティアスタッフ向けのお疲れ様会を企画していたことが判明。

またこのボランティアスタッフ向けの「2016年、今年も一年お疲れ様した。」の会は会費4000円、学割3500円を徴収していることも判明。 

場所はルシェブラン表参道ガーデンハウスにて華やかに行われ、亡くなったお子さんや遺族の方に失礼極まりないとしている。 

この「2016年、今年も一年お疲れ様した。」の会と称した忘年会は12月18日(日曜日)の18時から行われるようだ。事件当時の反省は形だけだったのか。 


no title
no title
no title

no title
no title
no title


TOKYO DESIGNERS WEEK


TOKYO DESIGNERS WEEK(とうきょうデザイナーズウィーク)は、
建築、インテリア、プロダクト、グラフィックなど
生活デザインとアートが集まるクリエイティブイベント。

主催は、TOKYO DESIGN WEEK 株式会社。

2016年11月6日午後5時20分ごろ、
明治神宮外苑の「TOKYO DESIGN WEEK2016」において、
日本工業大学工学部の学生の出展作品「素の家」から出火・炎上。

来場者の5歳の男児が死亡、
父親と40歳代の男性が怪我をする事故が発生した。

5296-00

TOKYO DESIGNERS WEEK - Wikipedia


関連動画




【神宮イベント火災事故】謝ったってダメ!事故後の常識外れた運営続行!そして出火原因とは?

スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました