ユン・ソナ「日本時代は韓国女性のイメージを悪くしないため慎重に活動していた」

海外ネタ
ユン・ソナ「日本時代は韓国女性のイメージを悪くしないため慎重に活動していた」

a


ユン・ソナが日本活動時こ事を話す


韓国女優ユンソナ(41)が日本活動時の言動に慎重になっていたことを明かした。 

笛木優子は13日午後に放送されたtvN「現場トークショー タクシー」456回に、日本の女優・笛木優子(韓国での活動名:ユミン、37)とゲスト出演し、他国での活動について言及した。

この日、ユンソナは「他国で活動した際、わたしだけ文句を言われるのはいいのだが、わたしのせいで韓国女性のイメージがおかしくなったらどうしようという責任感で、常に慎重になっていた」と述べた。

これを聞いていた笛木優子は「もともと、(韓国人は)日本人に対して良くない感情も多いのでは。日本女性に対する先入観もあるようだった。だから、慎重になった」と共感した。


女優ユンソナ、日本活動時に責任感抱いていた「韓国女性のイメージが悪くなるのではと…」tvN「タクシー」│韓国俳優・女優│韓国ドラマ・韓流ドラマ 韓国芸能ならワウコリア


ユンソナ

ユンソナ(尹孫河、1975年11月17日 - )は、韓国のタレント・女優、歌手である。

歌手活動名はsona。血液型はAB型。

1994年、韓国のテレビ局韓国放送公社KBSのオーディションに合格し、同局の専属タレントとしてデビュー。韓国では主に女優として活躍した。2000年に来日し、翌年ドラマ『もう一度キス』(NHK)のヒロイン役で日本デビュー(この時は本名で活動)。

その後、ドラマ『ファイティングガール』(フジテレビ)で深田恭子と共演。 2004年、日本に於いて「sona」名義にてシングル『会いたい』をリリースし、歌手デビューを果たす。


a

ユンソナ - Wikipedia


関連動画





ユンソナ、日本での活動をやめた理由を明かす

スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました