星野源と別れたaikoの『恨み節ソング』が怖すぎ…

歌手
星野源と別れたaikoの『恨み節ソング』が怖すぎ…

a


aikoの『プラマイ』のPVが怖い


新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)。12月13日に放送された第10話の平均視聴率が17.1%と同局の火曜ドラマ枠歴代最高視聴率を更新した。 

新垣演じるみくりの魅力もさることながら、契約夫を演じている星野源も「可愛すぎる~」と視聴者女子を“キュン死”させている。

星野といえば2015年秋、女優の二階堂ふみとの熱愛が報じられた。この報道が出たときにネット上では「aikoとつきあっているんじゃなかったの?」というファンの困惑の声が飛び交った。

星野と歌手のaikoは、07年頃から交際が始まり、12年に星野がくも膜下出血で倒れ入院した時は、aikoが献身的に看病した。このことで双方のファンから“公認”され“応援”もされていたからだ。

ところが、14年に発売されたaikoのアルバム「泡のような愛だった」に収録された「透明ドロップ」という曲が、「好きな人に『さようなら』と言われたことを曲にした」と雑誌でコメントしたことから、星野との破局が発覚する。

しかも、この曲のサビ終わりには、歌詞カードに載ってない「ああ 仕事だって嘘ついたね ああ あの時、手を繋いだよね」との声が収録されているのだ。

そして15年11月にリリースされた「プラマイ」の歌詞には「目を閉じても閉じなくてもあなただらけ」とあり、そのPVが“怖すぎる”と話題になっている。

a
 
新垣結衣も震え上がる?“星野源の元カノ”aikoの「恨み節ソング」が怖すぎ – アサジョ


aiko


aiko(あいこ、1975年11月22日 )は、日本の女性シンガーソングライター。大阪府吹田市出身。buddy go所属。レコードレーベルはポニーキャニオン。

好きなスポーツは水泳とバレーボールで、水泳は幼少期からピアノとともに習っていた。一方、バレーボールは一時期ではあったが、部活動に所属していたという。絵を描くことも得意であり、ライブツアーのグッズや「桜の時」や「DECADE」などのジャケット等も自身の絵を使用している。漫画が好きで、雑誌やライブツアーのパンフレットにおいて自身の愛著を紹介しているほか、パンフレットでは漫画家による描き下ろし作品を掲載している。

A

aiko - Wikipedia


関連動画





aiko-『プラマイ』music video

スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました