元マネージャI女史が文春記者に涙の告白「SMAPとの合流はありません」

ジャニーズ
元マネージャI女史が文春記者に涙の告白「SMAPとの合流はありません」

vJvVM5PQvz3ryRX1481840346_1481840356

1: 2016/12/15(木) 23:32:53.46 
12月2日に発売された話題の本『週刊文春記者が見た「SMAP解散」の瞬間』(文藝春秋)の著者で、週刊文春でずっとSMAPを追ってきた鈴木竜太記者は、こう話す。

Iさん本人は、文春の単独インタビューに応じた際に、涙を流しながらSMAPとの合流は絶対に“ありません”と断言していたのです」(鈴木記者、以下同)

鈴木記者がI氏をインタビューしたのは2016年7月30日夜。SMAPが解散を発表する直前に、それまで一貫して取材を拒否し続けていたI氏が重い口を開いた。

Iさんは初めのうちは笑顔で、近況についてざっくばらんに話してくれました。オフレコも交えて、かなりの部分まで本音を明かしてくれたと思います。様子が変わったのは、SMAPのメンバーについて尋ねたときのことです。それまで笑顔だった表情が一変し、声をつまらせていた」 そのとき、I氏のほおには涙が伝っていたという。

「Iさんはジャニーズ事務所を退社した際の話や、今後のことについても語ってくれました。彼女はきっぱり否定しています。“もう芸能界の仕事はしていません。マネージャーもやらない”と断言。業界で流れている噂を一蹴したのです

SMAP独立騒動の首謀者として語られるI氏だが、鈴木記者は違う見方をしている。

彼女が、何の保証もなく、ジャニーズにクーデターを起こすはずがありません。僕の取材だと、Iさんは早い段階で、ある人物から“メリー氏もI氏とSMAPが、独立することを了承している”という言質を取っていた。だからこそ彼女は行動に移ったし、ジャニーズと敵対するつもりはまったくなかった。特に、彼女が一番信頼していたはずの木村拓哉の反発はIさんにとっても、他のメンバーにとっても予想外の出来事でした

Iさん一人が事務所を去ることで決着し、彼女は4人のメンバーが無事に事務所に戻れるよう、説得していた段階だったのです。ところが、内輪で解決していたはずの問題は、SMAPのメンバーやIさんには一切知らされないまま、スポーツ紙にリークされてしまった。」


「SMAPとの合流はありません」元マネージャI女史が、文春記者に涙の告白! - ネタりか 

SMAP(すまっぷ)
男性アイドルグループ。
mig (6)

1988年4月、スケートボーイズの中からグループを結成した。

結成当時の年齢は中居正広16歳、木村拓哉15歳、稲垣吾郎14歳、森且行14歳、草彅剛13歳、香取慎吾11歳で平均年齢は14歳であった。

1996年、森且行が幼い頃からの夢であったオートレース選手に転身するため、SMAPを脱退
cached

2002年、ツアーにて115万人の観客を動員し、一度のツアーにおける観客動員数の日本国内最多記録を樹立した。

2016年、「世界に一つだけの花」の累計出荷数が300万枚を突破、日本レコード協会よりトリプルミリオン作品に認定された。
61t2zQApVL-300x300

同年8月、ジャニーズ事務所から2016年12月31日をもっての解散が発表された。




動画


SMAP×SMAP はじめての5人旅


続きを読む
タイトルとURLをコピーしました