和田アキ子が『紅白落選』を吹っ切ってラスベガスで大勝負

和田アキ子が『紅白落選』を吹っ切ってラスベガスで大勝負

Ew49SzhJZ1FTTwF1483614233_1483614238

「何であんなに必死だったんだろう」


例年なら紅白出演を終えて元日に海外へ飛んでいた。一昨年まではオーストラリア、昨年はハワイだった。

今回もハワイではないかという話があり、行く予定の芸能人メンバーたちは“ヤバイ”と逃げ腰でした。昨年年明けのハワイは、カンニング竹山夫妻やヒロミさんがアテンドしたこともあって、ご機嫌で過ごしていましたが、年末から行っている芸能人組にとっては恐怖です。船越英一郎さんもアッコさんと同じ事務所のうえに、毎年年末入り組ですから気が気じゃなかったと思いますよ」(スポーツ紙記者)

しかし、当の和田はクリスマスの後に温泉旅行に出かけすっかりリラックスした様子で年末年始を迎えたという。

紅白のリハーサルがある時に温泉旅行に行くなんて初めてのこと。ゆったりしたのか吹っ切れた様子でした」(前出・テレビ局関係者)

12月31日の昼には自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に生出演。

普通は大晦日だったら私はNHKにいるはずなんだけど」と本音を見せつつも「今ごろになって思うんだけど、別になんとも。何であんなに必死だったんだろう」と口にした。

新年はパーッといこうと、大晦日もラジオの後は早々に、ラスベガスへと飛んだみたいです。目的はカジノ。“大勝負したるわ”とやる気満々だったようですよ」(前出・テレビ局関係者)

カジノでの大勝負の結果ははたして。

紅白落選和田アキ子、吹っ切れて新年はラスベガスで大勝負


和田 アキ子(わだあきこ:1950/4/10生)


本名、飯塚 現子(いいづか あきこ)。
歌手、タレント、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家である。
mig (9)

在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。帰化前の通名は、金海 福子。
15歳の頃ホリプロの社長・堀威夫直々にスカウトされる

1968年「星空の孤独」でレコードデビュー。
1972年「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞
mig (10)

父親は柔道の道場を開いており、中学1年生の頃すでに柔道初段であった。

中学2年生の頃には父を憎んで反発。
飲酒・喫煙を繰り返し、大阪ミナミの繁華街を縄張りにし「ミナミのアコ」と呼ばれ恐れられていたという。

毎年、和田の誕生日パーティーは、多くの芸能人を招待して行われることで有名である。

9512fd450f195cf2297097f0e69808c6

和田アキ子 - Wikipedia


関連動画




坂上忍、和田アキ子の紅白落選にコメント「ビックリしたけど、フェアな選考」

続きを読む

シェアする

フォローする