明石家さんま、年内で芸能界引退を決断

芸能・スポーツ
明石家さんま、年内で芸能界引退を決断

a


明石家さんまが視聴率低迷で再決断


80年代から、お笑い界の頂点に君臨し続けてきた明石家さんま(61)が、引退の意思を固めたという。 

さんまさんは60歳の大台を前に、一度は引退宣言をしていました。しかし、爆笑問題の太田光などの慰留もあり、これを撤回し、現在も活動を続けています。ところが今年に入って、改めて引退を決意したというんです。年内で自身のレギュラー番組をすべて終了させ、テレビの第一線から退こうと、昨年末から調整に入っています」(放送作家)

明石家さんまが視聴率低迷で再決断する年内芸能界引退 - 週刊実話

明石家さんま(あかしや さんま:1955/7/1生)


本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。
奈良県出身のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手。
mig (2)

1974年、2代目笑福亭松之助に弟子入り。
1976年、『11PM』でテレビデビューを果たす。

1981年、『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演。
1995年、11年レギュラーだった『笑っていいとも!』を卒業した。

お笑い芸人BIG3の1人として称される。

1988年、女優の大竹しのぶ結婚
大竹の連れ子も実子のIMALU同様、可愛がったという。
WS000026-1-300x218


明石家さんま - Wikipedia


関連動画




場回しの天才 明石家さんま

スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました