東大底辺「毎日死ぬほど努力して東大行った」東大ヒエラルキートップ「適当にやったら受かった」

議論
東大底辺「毎日死ぬほど努力して東大行った」東大ヒエラルキートップ「適当にやったら受かった」

9854700384006fe56516d8be786f1a2a

無理してはいってもいいことない

僕は静岡の公立高校の出身で、周りに東大を受験する友人もいなかったので、2年間毎日、学校に22時頃まで残って、担任の先生とほとんどマンツーマンで勉強をしてきました。

入学して驚きました。僕は高校時代勉強しかしていないんですが、そんななりふり構わずやった、という人はあまりいないようでした。

カリキュラムが始まっても、差を痛感するばかりで、第3外国語で選択したドイツ語の演習(必修)では、クラスで僕だけ単位が取れず、留年してしまいました。

東大生のヒエラルキーは3段階に分けられる。一番上は、もう天才と言うしかない、ずば抜けて優秀な学生です。こうした学生は10人に1人いるかいないか。真ん中はその天才たちと仲良くしていて、天才に試験対策を教えてもらい単位を集める要領のいい奴ら。そしてヒエラルキーの最下層が、学力が高くなく、要領もよくない学生。僕のようなタイプです。

親や教師に半ば強制的に勉強をさせられ、身の丈に合わない東大に入っても、いいことはありません
 
第1部 東大は努力で入ってはいけないところです(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連動画



東大生親に学ぶ「勉強しなさい」と言わずに勉強させる方法

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました