清水富美加が北のミサイルに危機感「いつかは落とされる」

清水富美加が北のミサイルに危機感「いつかは落とされる」

bandicam 2017-04-27 16-02-24-885

清水富美加が北ミサイルに危機感「無知で済まない」


・宗教法人「幸福の科学」に出家し、事務所を移籍して改名した清水富美加(現在は千眼美子=22)が、29日朝の北朝鮮のミサイル発射を受け「いつかは落とされるよね」と危機感を示した。 

・北朝鮮は日本時間29日午前5時58分、首都平壌の順安区域付近から弾道ミサイル1発を北東方向に発射した。北海道襟裳岬上空を通過し約2700キロ飛行、6時12分に襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下した。

・清水は同日、ツイッターを更新し、「いつかは落とされるよね。今日も落ちないって言えないし、明日も落ちないなんて言えないよね。取ってつけたみたいな避難だけで、命なんか守れないし、ましてやミサイルは止まらないよね」と危惧。「自分の中の“疑問”でも“批判”でもない“提案”って何だろう、、あー、もう無知では済まされないか」とツイートした。

清水富美加が北ミサイルに危機感「無知で済まない」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


続きを読む

シェアする

フォローする