米倉涼子『ドクターX』第5弾も好調なのに映画化しない理由

映画・音楽
米倉涼子『ドクターX』第5弾も好調なのに映画化しない理由

17d37f776bcdd743b7620d337d81e024

全話平均視聴率20%超えも射程圏内


・10月にスタートした米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が絶好調だ。12日放送の初回が20.9%で、19日放送の第2話も19.6%を記録。全話平均視聴率20%超えも射程圏内だ。 

・「基本的に1話完結で、展開が非常にスピーディー。相変わらず自らの腕だけで大病院と渡り合う主人公が、視聴者の共感を呼んでいます。キャスト陣を強化した結果、高視聴率につながっています」(放送担当記者)

・「公開すれば確実に集客できるだけに、制作サイドもかなり乗り気です。ところが肝心の米倉さん本人がなかなかクビをタテに振らないそうです。その理由は『交渉人』を映画化した際に“燃え尽き”のような状態になってしまったから。」

米倉涼子「ドクターX」第5弾も好調なのに映画化しない理由 (女性自身) - Yahoo!ニュース

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました