TBSドラフト特番「指名漏れ」選手にスタジオ絶句

野球
 TBSドラフト特番「指名漏れ」選手にスタジオ絶句

5b8ff2d5f712deb5e7e94b7597164930

「これ、放送しちゃダメだったろ」


・10月26日放送の「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」で、九州共立大の望月涼太選手が特集された。そのエピソードが「あまりに重すぎる」とインターネット上で波紋を広げている。 

・冒頭で望月選手は、 「自分が野球をやってから、家の中がおかしくなった。死にたいと思うくらい、申し訳ないなって思っていました」 その上で、家族がそろって写真を撮影したのは「15年前が最後」との情報も紹介された。

・番組では「望月選手、そして家族の夢はかなったんでしょうか」とコメントし、ドラフトの結果を紹介。だが――、望月選手の名前が会場で呼ばれることはなかった。 スタジオのゲスト全員が黙り込んだ。「これ、放送しちゃダメだったろ」「本人と家族のインタビューは残酷過ぎる」などと番組の姿勢を問題視する意見もあった。 

「これ、放送しちゃダメだったろ」 TBSドラフト特番、死にたかったと嘆く「指名漏れ」選手にスタジオ絶句 

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました