美容整形に対する実態が明らかに! 「10代、20代女子の92%が「整形アリ」と回答。」

large_447025_1
1: 2017/12/15(金) 14:17:43.17 _USER9
メスを使わずにできる美容整形が増えている昨今、エステ感覚で「プチ整形」を楽しむ若い女性が増えている。
しかし整形に対するタブー意識はいまだに残っており、久しぶりにテレビで観る女優の顔に「アレ、顔変わった?」「もはや別人」とSNSで話題になるなど世間の見る目は厳しい。

4Kテレビが普及し、アイドルや女優をアップで見れば、ほうれい線やシミ、シワ、毛穴がくっきりと映し出されてしまう。
SNSで頻繁に自撮りを投稿するアイドルは、特にターゲットにされやすい。
デビュー当時と今を並べた画像を比較し、整形疑惑をかけられてしまう。

芸能人だろうが身近な人であろうが、世間の女性は容赦しない。
ここでは、イマドキ女子の美容整形への関心度や、タブーとされがちな整形に関する実態をまとめた。

■整形にポジティブな女子「みんな偏見持ちすぎ」 肯定派の男子も「自分の彼女だったら別れる」

近年では、美容整形のイメージが変化しつつある。
昨年「バイキング」(フジテレビ系)が発表した調査によると、10代、20代女子の92%が「整形アリ」と回答。
自分の整形願望についても「したい」と積極的な女性が約半数を占めた。

彼女たちの主張はこうだ。
「キレイになるためにお金を貯めるのはいい努力」「みんな偏見持ちすぎ。整形は誰にも迷惑かけていない」。

同年代男性の意見は「可愛くなるならアリ」「人生良くなるならいい」と肯定派が目立つ。
しかし自分の彼女に対しては「素でいてほしい」「整形だったら別れる」と、シビアな声もあった。

■体調不良を理由に長期休暇をとり「プチ整形」 休み明けの周囲の反応が気になる

メスを使わない簡単なプチ整形なら、周囲に気づかれることなくナチュラルに変身できるのだろうか。
以前、ガールズチャンネルではこんなトピックが投稿された。

コンプレックスから目を二重にし、仮病を使って10日ほど休んだというトピ主。
術後はダイエットに励み、できる限り整形を隠すための努力をしたようだ。
周囲から指摘されることはなかったというが、最後に「整形した人、バレましたか?」と質問。

これに対し、「友達が整形した時はバレてました。かなり不自然だった」「経験者にはバレバレだよ」、「わかっても言わないだけ」という声が目立つ。
地元の友人にバレたという経験者は、「もう二度と帰れない」と悲痛な叫びもあった。

■美容整形外科の繁忙期は春休みがピーク! 進学や就職前に女子学生の「プチ整形」が急増するワケ

美容整形のクリニックには繁忙期があるようだ。
密かに整形を考えている人にとって、気になる話題だろう。
十仁美容整形が発表した内容によると、例年2月下旬から3月にかけて、10代・20代の女子学生によるプチ整形の相談が増加するという。

学生にとってはクラス替えを控えた春休みに、新社会人にとっては入社前の最後の長期休みとなるチャンスは見逃せないようだ。
環境の変化に合わせて、”新しい自分になりたい”願望がある女子が多いという。

簡単な「プチ整形」でも、数日間顔が腫れるなど個人差があり、術後は長期の休みが必要となる場合がある。
進学や就職を機に周囲の人も変わるため、ビフォーアフターに気づかれにくい春休みは人気が高いようだ。

■韓国旅行ついでにソウルで「プチ整形」 美容整形がタブー視される時代は終わった

女性なら誰もが、自分なりの美へのこだわりがある。
特に「目元」は就職や婚活、時に人生をも左右するほどパッと見で印象が決まる。
整形願望がある女子や実際に施術を受けた人の話を聞くと、パッチリした目元になりたいという要望が強いようだ。

「プチ整形」肯定派が圧倒的多数で、条件が合えば”したい”「整形願望アリ」女子が多いことに注目したい。
世界でもトップクラスで「美容大国」として注目されるソウルに、友人とエステついでに「韓国整形ツアー」に参加する日本人も増加しているという。
国内でも手ごろな施術費用に加え、美容整形がタブー視されない時代が訪れているようだ。

https://news.careerconnection.jp/?p=44682

続きを読む

シェアする

フォローする