【女子サッカー】「天使がサッカーをしている」と言われる韓国代表10番イ・ミナ選手がINAC神戸に移籍!!え……?これが天使か?

33797_ext_04_0
1: 2017/12/27(水) 00:33:57.95 _USER9
なでしこリーグに韓国美少女サッカー選手が移籍! その実力のほどは?

 イ・ボミ選手やアン・シネ選手など、女子ゴルフ界では韓国女性プロゴルファーの実力もさることながら、その美貌が度々ニュースなどに取り上げられているが、
現在行われているサッカー2017東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップ女子サッカーでも韓国選手の美貌がネットで話題だ。

 名前は、イ・ミナ選手、26歳。8日、千葉市曽我球技場で行われた日本戦でも、試合は2‐3で敗れはしたものの、その活躍と美貌が注目された。
先発で出場したイ選手は、グラウンドを縦横無尽に動きながらチームの攻守の要として、一時同点となったゴールのアシストも決めている。

 日本のサッカーダイジェスト誌もイ選手を「ビーナス」と称しながら「(イ選手は)韓国オフェンスの中心として動いた。ルックスに負けないくらい、その実力も確実なものだ」と評した。

 彼女が所属する、韓国女子サッカーリーグの現代製鉄はリーグ5連覇を達成しており、彼女は同チームの背番号10を背負い、中心選手として活躍している。韓国リーグにおける今年の成績は28試合15ゴール10アシスト。まさに韓国を代表する女子サッカー選手である。

 彼女の存在は、母国・韓国でもひと際目立つ存在で、時には「天使がサッカーをしている」と言われることも。

 そんな彼女のインスタグラムのフォロワーは4万5千人を超える(12月10日現在)。彼女も自身の「人気」を自覚しており、インスタグラムでは彼女の私生活を公開しながら、サッカー関連動画などもアップし、韓国女子サッカーの人気向上に向け一役買っている。

 韓国サッカー協会のインタビューに対し彼女は「ルックスよりも私自身の存在価値をもっと伝えたい」としながら、「(韓国では)女子サッカーが非人気種目だから、こうでもして宣伝することは悪くないと思う。
韓国女子サッカー界にはもっと美人もいる。みんなに応援してほしい」と話した。

■E-1チャンピオンシップ後になでしこリーグに合流予定

 今回のE-1チャンピオンシップでは、日本戦は終了したので、テレビで彼女の姿を見ることは難しい。と思いきや、E-1チャンピオンシップが開催される直前の11月末に、イ選手の日本のなでしこリーグへの移籍が突然発表された。

 6年間在籍した現代製鉄を退団し、イ選手が求めた新たな新天地は、なでしこリーグの名門-INAC神戸。E-1チャンピオンシップ終了後にチームに合流する予定。

 INAC神戸と、韓国の女子サッカー選手の縁は深い。遡れば、韓国女子サッカー界のエースと言われていたチ・ソヨン選手は、2010年にINAC神戸に入団し、同チームの3連覇に貢献した。彼女はINAC神戸での経験を糧に2013年にイングランドのチェルシーに移籍している。

 またクォン・ウンソム選手、チョ・ソヒョン選手、チャン・スルギ選手ら、韓国の有名選手らも所属しており(現在は退団)、今はホン・ヘジ選手、チェ・イェスル選手の2名が在籍している。

「勉強するのが嫌だったからサッカーをしていた」というイ選手は、今はまだ代表戦に集中するため、日本移籍に関するコメントは発していないが、これから日本で活躍するであろう韓国女子サッカー界のスターに注目だ。

【選手プロフィール】
李?娥(イ・ミナ) 1991年11月8日生まれ、158㎝、大邱(テグ)市出身
2008年 FIFAU-17 女子ワールドカップ韓国代表
2010年 FIFAU-20 女子ワールドカップ韓国代表
2012年 女子サッカー韓国代表初選出

<文・安達夕 https://twitter.com/yuu_adachi

ハーバービジネスオンライン 2017年12月20日
https://hbol.jp/156462 https://hbol.jp/156462/2
続きを読む

シェアする

フォローする