会社「残業するな!早く帰れ!過労自殺されたら困る」→残業できず仕事回らず鬱になって自殺 もうこれ根本から腐ってんだなwwwwwwwwww

business_karoushi-e1482064330963
1: 2017/12/26(火) 23:03:14.25 BE:878978753-PLT(12121) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
https://mainichi.jp/articles/20171227/k00/00m/040/008000c

「残業させるな」と責められ

 男性は15年3月、「ホンダカーズ千葉」の千葉市内にある新規店舗の販売店長に就任。男性は部下の分まで仕事を抱え、
家に持ち帰ってこなすことが増えた。長時間労働を強いられていたなどとして千葉労働基準監督署が労災と認定。
会社側は認定は誤りだと主張し、損害賠償などを求める遺族側と千葉地裁で係争中だ。

 男性側の訴えによると店長就任直後、社長から「従業員を残業させるのか」と責められた。残業削減の方法を
従業員と話し合ったが「無理だ」という意見が多かった。男性も同意見だったが、削減のアイデアを出せない自分を責めたという。

 妻によると男性は営業マンとして20年以上働いていた。家庭では優しい父親で、3人の子供が話しかけると
丁寧に応えていたが、店長になって間もない4月ごろから上の空でいることが増えた。心配して声をかけると「
新店だからしょうがない」。愚痴は言わない性格だった。

5月に入ると不眠や下痢に悩まされ、6月には一人でいると涙が出て死ぬことを考え始めた。同月下旬には失踪。
戻るまでの2カ月ほどで自殺を少なくとも4回試みた。「ストレス性うつ状態」と医師に診断された。
失踪の原因について、妻に「会社のことが負担だった」と打ち明けた。

「私を殺したのは会社だ」

 会社は8月に無断欠勤を理由に懲戒解雇を通知。男性は翌16年9月に解雇無効を求める労働審判を起こした。
会社側は「男性は大した仕事をしていない」などと訴え、解雇は妥当だと主張した。千葉地裁での審判の帰り道、
男性は落ち込んで「誰も味方をしてくれない」と漏らした。自宅で自ら命を絶ったのは16年12月20日。
2回目の審判の予定日だった。

続きを読む

シェアする

フォローする