紅白歌合戦、視聴率爆死 戦犯は嵐・AKBグループ 「受信料投入でこれかよ」こんなに頑張ってこれだけだったのかwwww

テレビ
21435645_759484374238203_4401387896876040192_n
1: 2018/01/02(火) 18:06:54.88
『紅白』視聴率爆死で嵐・AKBグループ無条件戦犯!? 「受信料投入でこれかよ」と辛辣

 昨年12月31日の『NHK紅白歌合戦』の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35.8%、後半(第2
部)は39.4%だったことがわかった。
 桑田佳祐、さらに今年9月の引退が決定している安室奈美恵も出演し、放送直後には「今年は50%超えか」ともいわれてい
た『紅白』だが、歴代ワースト3位という結果になってしまった。
 ネット上では「今年は高いなんていってたけど、やっぱりね」「受信料使いすぎ」「誰も求めてない」と冷めた意見が目立
つ状況。この結果にはそれなりに納得という意見が目立つ。
 もともと「今年流行した歌」の選考ではなくなった『紅白』の価値はない、という声は多かったが、やはりその印象はいつ
までも拭えないようで......。
「相変わらず多いのが『AKBグループ』『ジャニーズ』が多いという声は後を絶ちません。ジャニーズで5組、AKBグループで3
組と確かに多くで出演していますね。
また、その内容も、TOKIOがあまりにも東京五輪を意識させるような『ゴリ押し』を感じさせ、司会など中心がまず嵐。欅坂4
6のメンバーがパフォーマンス後に倒れ騒然とする場面も。一極集中の割にイマイチな内容の数々を考えれば、この数字も納
得です」(記者)
 安室、桑田を出演させても拭いきれない『紅白』の問題点が浮き彫りになったようだ。厳しいようだが、やはり「受信料使
いまくってこれかよ」という考えが根底にあるのかもしれない。
 また「2016年の紅白」をやり玉に上げる声もある。一昨年の『紅白』は「シン・ゴジラ」や「PPAP」などをふんだんに盛り
込んだ構成で「カオス」「紅白が壊れた」「ひどい」という評価だった。その余波で視聴者が離れたという意見も。
 果たして紅白復活はあるのだろうか。再浮上は厳しそうだが......。
http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5474.html
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました