【大炎上】ノンストップ「正月に一番働くべきなのは嫁」「嫁は義母の子分、家来」 これ許せるか????

90a5c24ef3264330c177c2a88b0ea460_s-e1412707410196
1: 2018/01/05(金) 17:44:24.56 _USER9
「正月に一番働くべきなのは嫁」ノンストップ「ダメ嫁判定」が物議 「時代錯誤」「ありえない」

 1月5日放送「ノンストップ」(フジテレビ系)で、正月の帰省でのダメ嫁特集が放送され、ネットで物議を醸している。
 特集は視聴者から寄せられた嫁エピソードに対し、スタジオの出演者が「ダメ嫁」か否かをジャッジするというものだ。

 ある30代女性は、家族全員で夫の実家で大宴会していた。
 台所で義母の手伝いをしていたが、義父に酒を勧められ「一杯だけ」と飲むと、「良い飲みっぷりだねえ」と大喜び。
 盛り上げるためそのまま一緒に飲んでいたという。

 これに対して、タレントの千秋さんは「お父様に言われた通りに飲んだから、むしろいいことをしている。(二杯目以降も)楽しいから勧めてくれている」と言うが、スピードワゴン・井戸田潤さんは「完全なダメ嫁」と一蹴。

 「お酒を一杯くらいいただくのはいいですけど、嫁さんは姑さんの子分なんですよ。それくらいの心意気でいかないと。絶対お義母さん側につかないとダメ。お義父さん側についてる時点で腹立ってるから」

■和泉節子「嫁が酒を何杯も貰うことは言語道断

 中央公論新社学芸局長の三木哲男さんも「(義母からすれば)お義父さんが調子乗ってると思う。若い嫁も来て。それも腹立つし、嫁にも腹立つ。これは断るべきですね」と井戸田さんと同意見のようだ。

 では実際、どのように振る舞えばいいのだろうか。狂言師和泉元彌さんの母・和泉節子さんは「体調が悪いと嘘をつけ」とアドバイスしている。

 「やはり(お正月に)一番働かなければいけないのがお嫁さんです。お嫁さんが何もしないでお酒を、というのはよくない。みなさんに聞こえるように『折角でございますけどちょっと体調が悪うございますので、ご遠慮させてください』といって、その場にベタッと座らない。
 すぐ立って、お義母様に『次、何いたしましょう?』」

 義父母両方に不快な思いをさせないために仮病を使うことで、「あっあの子気が利いてんだわ。気働きなのね」と思ってもらえるという。
 また「お酒を何杯も貰うことは言語道断」だが、最初の一杯は「みなさんでご一緒に」といただくべきだという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

キャリコネニュース 2018年1月5日 12時42分
http://news.livedoor.com/article/detail/14118408/

続きを読む

シェアする

フォローする