文春記者「まさか引退するとは……」「率直に引退は残念」

ニュース
20180119-00000007-wordleaf-06affab237edb8e6dadee7e228418d502
1: 2018/01/21(日) 12:00:04.05 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
21日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に「週刊文春」の記者がVTR出演。同誌の不倫疑惑報道をきっかけに引退を表明した
音楽プロデューサー・小室哲哉(59)について「引退は残念」と言及した。

 小室の引退を受けて「率直には本当に引退は残念だ」と思いを吐露。「ご本人が言われたことと、我々が取材したところ。違う部分っていうのはやはり多くある」とし、
「記事には絶対の自信がある」と改めて同誌の報道の信ぴょう性に自信を見せた。

 「今回のこういう結果(引退)になってしまったことで、本意ではない結果になったなと、考えていますね」と繰り返し、小室の引退は想定外だったと弁明していた。

 VTRを見届けた番組MCの「爆笑問題」太田光(52)は、「文春砲がなくても小室さんは引退するつもりだったかも」としつつも、「文春砲の被害者はすごく多い。
文春砲が来たら、Jアラートを鳴らした方が良いんじゃないか」とジョークを飛ばし、まとめた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000098-spnannex-ent

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました