北海道の小島に上陸した北朝鮮人、呼吸するだけで感染する重症の結核に感染していたことが判明……

mashu
1: 2018/01/22(月) 21:47:40.33 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
島上陸 北朝鮮の木造船 船員3人 "結核"で隔離 1人は"口から排出"重症 接触者を診断へ

 北朝鮮の木造船の乗組員が、北海道松前町の松前小島に上陸し発電機などを盗んだ事件で、複数の船員が、結核に感染していたことが1月22日までに分かりました。

 二次感染の恐れもあることから、警察などでは近く、接触した職員の健康診断を行うことにしています。

 関係者によりますと、結核に感染していたのは、北朝鮮の木造船の乗組員の男性で、現在、病院で隔離されているということですが、
確認された時点で、口から結核菌を排出する重い状態だったということです。

 また、ほかの乗組員2人も感染の疑いがあるということです。

 3人は投薬治療を受け、症状は落ち着いてきているということですが、船員の事情聴取や逮捕の際、警察官や海上保安官、入国管理局の職員が乗組員と接触しています。

 このため警察は、潜伏期間が明ける再来週にも健康診断を行うことにしています。

 この事件は、2017年11月、松前町の松前小島に北朝鮮の木造船の船員、計10人が上陸し、
このうち、船長の男が発電機などを盗んだとして、窃盗の罪で逮捕、起訴されています。

 入管などでは、起訴された船長と隔離された船員を除く8人について近く、強制送還する見込みで、1月末にも、北海道外の入局管理局に移送する見通しです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180122-00000006-hokkaibunv-hok

続きを読む

シェアする

フォローする