フィンランド紙、日本のムーミン騒動に驚き「学歴社会の日本では、人生を懸ける一大事だ」

125587439790016104080_wp_3
1: 2018/01/27(土) 16:20:17.88 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
 今年の大学入試センター試験で注目を集めた、アニメ「ムーミン」と「小さなバイキング ビッケ」の舞台となった北欧の国を問う設問を巡る議論が続いている。
センターが「厳密な意味で正確なものではない」と認めながらも、「知識・思考力を問う設問として支障はなかった」と説明する問題をどう評価すべきか。
騒動は、ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの母国・フィンランドでも、複数の新聞で紹介された。

 注目を集めているのは「ムーミン谷がどこの国か」よりも、日本での報道ぶり。最大手ヘルシンギン・サノマット紙は「どこにあるかなんてささいなことだ
と思うだろうが、学歴社会の日本で大学合格に関わるとなれば、受験生にとっては人生を懸ける一大事だ」と伝えた。

 フィンランドとゆかりがある人たちは問題をどう見たか。東海大北欧学科の非常勤講師で、フィンランド出身の奥田ライヤさんは「ムーミン谷が
フィンランドにあるだなんて考えたことはない。どの国よりも美しく、すばらしい場所だと信じている」と言う。「アニメの舞台」ではなく、「作者の母国」を問えば、
より正確な問題になったのではないかと話した。
https://www.asahi.com/articles/ASL1Q45XLL1QUTIL031.html

続きを読む

シェアする

フォローする