吉田沙保里「初サックスに挑戦してみた」

レスリング
1: 2018/01/30(火) 22:11:42.38 _USER9
18年01月30日19時03分

吉田沙保里「音楽と体育の成績5」初サックスで平昌五輪へエール
好きな人は「いません」

 レスリングの吉田沙保里選手(35)が30日、東京・ヤマハ銀座コンサートサロンでおこなわれた『ヤマハ大人の音楽レッスン』記者発表会に出席した。
「音楽と体育の成績は5でした」という吉田はこのなかで、人生初のサックス演奏に挑戦。立派な音を奏でて報道陣を驚かせた。
その後の囲み取材で「今年こそは『良い人ができました』と報告できたら良いですけどね」としたが、好きな人は「いません」と答えていた。
さらに平昌五輪の選手に向けてサックスでエールを送る場面もあった。

(中略)

 吉田はきれいめなハットがポイントだという、モノトーンのシック衣装で登場し、挨拶した。
新年は「年末年始はハワイで過ごしました」とし、戌年で年女である事については「良い事があるように、色々とハッピーな年にしたいです」と述べた。

 さらに吉田には「楽器に挑戦したい」という気持ちがあったという。それが実る形で今回サックスのレッスン企画が決定した。
音楽については「小さい時から音楽と体育が得意でした。楽器が好きで、音楽集会では木琴をやったり、ピアノも好きでした」と振り返る。
また「ピアノを習いたいと父親に言ったら『ピアノを弾けても強くならん』と言われて習わせてもらえなかったんです」と話して、笑いを取っていた。

 続いて、吉田が実際にサックスに挑戦。「難しいんじゃないですかね」と緊張する様子も見せたが、講師の模範演奏後には「もう良いですか?」と吹きたくてたまらなそうな表情になっていた。
息を吹き込んでみると、見事に音が出て、会場には拍手が。吉田は今後も『ヤマハ大人の音楽レッスン』で練習を続けるという。

 その後、吉田はサックスが吹ける様になったら「レスリングの後輩に自慢したいですね。レスリング以外にもできることを証明したい」と話した。
さらに「目標や夢があると楽しいと思います。もし今目標などがない方は音楽とかに興味を持って頂けると良いと思います」と夢見る事の大切さをメッセージした。

 吉田は発表会が終了してから、報道陣向けの囲み取材にも応じた。
改めて今回のサックス初挑戦について「初めてやらせて頂いて、音は出たのでまあまあ良かったかなと。これから練習してどうなるかなと楽しみです」と感想を話す。
サックスの事を「大きな金メダル」と例える場面も。

 また吉田は「水泳やそろばんや習字は(習い事として)やってましたけど、音楽は初めてです」、「音楽と体育の成績は5でした」と明かした。
やってみたい曲は「いきなりは無理だと思うので、童謡とかを吹けたら」と少し控えめなコメント。リズム感については「ないんですよね」と素直に述べた。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


人生初のサックスに挑戦した吉田沙保里(撮影=小池直也)
https://i2.wp.com/www.musicvoice.jp/wp-content/uploads/2018/01/photonews-180130-K403.jpg
no title
no title
http://www.musicvoice.jp/news/20180130086082/

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました