【悲報】女性誌「黄色い肌の人を救う裏技!!」これが人種差別だと目を付けられ大炎上wwwwwwwwww

img_e6c6c09f6971349054210dd64996d847127226
1: 2018/02/03(土) 23:55:45.28 BE:683789119-2BP(1500)

なぜ「“イエベ族”を救う裏ワザ」は炎上したのか

そもそも「イエベ族」とは

1月後半、美容に興味関心の強い女性たちの間で、ある女性誌の次号告知が話題となり、批判的なコメントが多くツイートされた。
批判の対象となったのは、現在発売中のVOCE3月号の次号予告に載った「『イエベ族』を救うワザ101」という一行だ。
ウェッジの読者層にとって「イエベ」とは聞いたことのない言葉かもしれない。筆者も美容には疎いのだが、とりあえずVOCE3月号などを購入して調べてみた。

「イエベ」とは、「イエローベース」のことで、地肌の色味を表す。日本の美容雑誌では、女性の肌は「イエローベース(イエベ)」か「ブルーベース(ブルべ)」に分類できるとされ、
メイクやコスメに関心の高い女性の多くは、自分の肌がイエベかブルべかの診断をしている。そして、その診断の元に、ファンデーションや口紅、アイシャドウなどの色を選んでいるらしい。VOCEは、「イエローベースに分類される人」の意味で「族」を使ったのだろう。
女性誌で頻繁に登場する「PC」とは「パーソナルカラー」の略であり、パーソナルカラー診断を行うことによって、それぞれに似合うコスメを効率的に選ぶことができるとされる。

「黒髪族を救う」と言われたら大きなお世話と思うはず

さて、それではなぜ、「『イエベ族』を救うワザ101」は炎上したのだろうか。ツイッター上での女性たちのつぶやきを、一部要約して紹介する。


http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11825?page=2

続きを読む

シェアする

フォローする