さみしい独身は要注意!! 実は孤独はとんでもないリスクを抱えていた!? なんとタバコ○○本分wwwwwww

1_BOuXJcDNxr8sNrYeS9SqVA
1: 2018/02/16(金) 09:26:41.85 ID:3y9Vo1Eu0.net BE:837857943-PLT(16930)
この記事を読む方の多くが、健康で長生きするためにいろいろと気を使っているのではないだろうか。食べ過ぎないようにする、
運動をする、お酒を控える……。しかし実は、たばこより、肥満より、飲酒より、大気汚染より、食品添加物より、
健康を蝕むしばんで寿命を縮めるものがある。それは「孤独」だ。

「えっ!」と驚く人が多いかもしれない。昨今の日本は「孤独のすすめ」「孤独のグルメ」「ソロ活」「ぼっち」など、
孤独をポジティブにとらえる書籍や論調であふれかえっている。「どうせ、死ぬときは一人」「孤独を楽しめ」
「一人で生きていく強さを身に着けるべき」といった考え方に共感する人も少なくない。

孤独とは本来、「頼りになる人や心の通じ合う人がなく、ひとりぼっちで、寂しいこと(さま)」を意味する。つまり、
「孤」(=みなしご)のように、誰にも頼ることができず、精神的に「孤・立」し、苦痛を覚える状態を指すわけだ。しかし、
日本では「独・立」して「独・自」の時間を過ごすこと、積極的に一人の時間を楽しむことが、孤独ととらえられている節もあるようだ。

権威ある多くの研究が、孤独がうつ病や、心臓病や認知症などを含む精神的・肉体的な病気のリスクを高めると結論付けている。
アメリカでは、孤独のリスクは
〈1〉1日にタバコ15本を吸うことに匹敵する
〈2〉アルコール中毒であることに匹敵する
〈3〉運動をしないことよりも高い〈4〉肥満の2倍高い――という研究結果もある。

それだけではない。「孤独は冠動脈性の心疾患リスクを29%上げ、心臓発作のリスクを32%上昇させる」「孤独度が高い人が
アルツハイマーになるリスクは、低い人の2.1倍」「社会的なつながりを持つ人は、持たない人に比べて、早期死亡リスクが50%低下する」など、
健康への負の影響を示す研究結果が欧米で次々と発表されている。

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180214-OYT8T50017.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518740801/

続きを読む

シェアする

フォローする