宇野昌磨 「恋?僕はゲームとスケートで忙しい。ゲームが最近おろそかだからゲームの大会に出たい」

2017102700055_1
1: 2018/02/20(火) 10:53:05.27 ID:tvlx7Klh0●.net BE:886559449-PLT(22000)
宇野、自然体で銀メダル 本紙インタビュー

平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で銀メダルに輝いた名古屋市出身の宇野昌磨選手
(トヨタ自動車)が十八日、本紙のインタビューに応じた。「五輪二位という結果に実感が湧かない」と
自然体で話す二十歳は五輪後に目を向けた。一問一答は次の通り。

 −「五輪に特別な感じはない」と言っていたが。
 特別に意識しないようにしていたわけではなく、今季は全ての演技を全力でやってきた。
五輪も全力でやることに変わりはないから、緊張感が生まれなかったのかもしれない。

 −二〇一六年世界選手権は気迫十分で練習を続け七位。教訓になったか。
 あの心構えで完璧な演技をしたら、とてつもなく感動したと思う。でも、あの時のように長く集中するのは
合わないようだ。淡々とやる。遊んでいると思われるくらいでちょうどいい。

 −山田満知子、樋口美穂子両コーチへの思いは。
 満知子先生は経験があり、いろいろなアドバイスをしてくれた。技術面で教わる美穂子先生には、
家族以外にこんなに自分に何かをしてくれる人はいるのかと思う。二人には「ありがとうございます」と言いたい。
「ありがとうございました」ではなくて。

 −スケートを始めるきっかけになった浅田真央さんも初出場のバンクーバー五輪で銀メダルだった。
 重みが違う。みんなは五輪にかけてきた。僕はそうではなく一つの試合。メダルを忘れ去って、
次の試合に臨みたい。

 −次の目標は。
 五輪で緊張しなかったのは、目指していないってことなのかな。まだ何を目指していいのか分からないけれど、
毎日全力でよりよい滑りの結果を求めていく。

 −スケート以外で目標は。浅田さんはバンクーバー後「恋」と答えた。
 恋ですか。僕は忙しすぎる。ゲームとスケートでいっぱい。ゲームがおろそかになりつつあるので、
ゲームの大会に出てみたい。
http://www.chunichi.co.jp/article/olympics/pyeongchang2018/news/CK2018021902000189.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519091585/

続きを読む

シェアする

フォローする