あの超有名人気ソシャゲが大炎上?と思いきや「原爆をネタにして許せない」被爆者団体「興味ないです……」

1: 2018/02/21(水) 12:59:27.21 ID:bgumFHov0.net BE:373518844-PLT(14931)
「世界中の艦船を可愛い少女に擬人化した艦船を操作するシューティングRPG」と謳われたアプリ・ゲーム「アズールレーン」
(Yostar株式会社)に関する情報が、読者から当サイトに寄せられた。このゲームには、かつて長崎に投下された原子爆弾
「ファットマン」が登場するというのだ。(略)
第一に、ゲームの中国版にはファットマンのオブジェがあるということである。第二に、日本語版で「ボムチェア」という名称の
アイテムが、中国版では「原子爆弾の椅子」になっていることだ。第三に、「インディアナポリス」というキャラクターのイラストに、
ファットマンが描かれていることである。
no title

no title

これらに対して批判的な意見が提起されると、ボムチェアは「ギリシャチェア」という名称に変更された。また、インディアナポリスの
イラストの爆弾に描かれていた「ハザードシンボル(放射能標識)」が、猫のイラストに変更された。(略)
no title

no title

以上の点について、情報提供者は問題視しているという。(略)
さらに、日本国内の各種の作品や企業がアズールレーンとコラボレーションしていること、一連の企画に日本の声優や作曲家が
参加していることなども、大きな問題ではないかと主張する。(略)
一方、原爆投下による被害を直接に受けた当事者たちは、本件をどのように認識しているのだろうか。当サイトでは、長崎市の
原爆被爆対策部平和推進課に尋ねた。(略)
内容を確認した結果、ゲーム中で扱われているものが本当に原爆なのか、確信が持てなかったと、担当者は述べた。
そうした理由で、現時点までに何らかの対応は行っていなく、今後もその予定はないそうだ。日本原水爆被害者団体協議会にも、
本件についての大量のメールが寄せられているという。だが、協議会の関係者は誰もゲームをやらないこと、ネット事情に詳しくないこともあり、
この件について具体的な対応はとっていなく、今後も予定していないとのことだ。(略)

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteifile.com/archives/8745

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519185567/

続きを読む

シェアする

フォローする