【悲報】日本主導のTPP、世界が注目米「条件次第で戻ってやるよ」英「興味あるな~」韓国「あ、あっあっ、僕も!」

1: 201886fc59
18/02/24(土) 20:27:25.16 ID:7f0zgEp/0.net BE:228348493-PLT(16000)
韓国、TPP参加に向け日本と接触 「経済圏の恩恵」に興味、イギリスなども関心寄せる
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180224/mcb1802240615011-n1.htm

離脱した米国を除く環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加しようと、
韓国が事務レベルで日本政府と接触していることが23日、分かった。
TPP参加国は2019年の早い時期の発効を目指しており、
協定を主導する日本政府もまずは11カ国での発効を優先させる方針だ。
TPPには韓国のほかコロンビアなど複数の国・地域が関心を寄せる。
協定文には参加国の拡大が明記されており、発効後に韓国も含めて加入の可能性を検討することになる。

複数の日本政府関係者によると、韓国からの問い合わせがあったほか、タイやフィリピン、
英国なども関心を寄せている。米国も1月下旬、トランプ大統領が再交渉を条件にTPPへの復帰を示唆した。
11カ国によるTPP11の協定文では「他の国の加入を歓迎する」と記し、参加に門戸を開く。

ただ、日本政府はTPP11について「ガラス細工のようなもので、変更することは考えていない」
(安倍晋三首相)との立場だ。一部を修正すると“玉突き”で変更が必要となり、収拾がつかなくなるからだ。
このため、まずはTPP11を発効させた上で、参加国を増やす構えだ。
韓国などがTPP11に関心を高めているのは、アジア太平洋地域に
貿易・投資を高いレベルで自由化した経済圏が誕生するからだ。

 TPP11参加国の合計の経済規模は世界の国内総生産(GDP)の約14%。
米国の離脱で一時は漂流も懸念されたが、1月に協定文が確定し、
3月8日にチリで署名式を開くことも決まった。米国も含めた非参加国の間では、
TPPの恩恵を自国に取り込めないとの危機感が高まっている。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519471645/

続きを読む

シェアする

フォローする