妻が羽生結弦の「追っかけ」になった夫の苦悩がヤバすぎる……「羽生くんが引退するまで続くのか?」

b0122046_166164
1: 2018/03/04(日) 12:18:43.77 ID:lhKR0xNK0●.net BE:299336179-PLT(13500)
 羽生結弦の金メダル獲得に日本中が歓喜した。とりわけ、彼を追いかけて会場につめかけたマダムたちの喜びはひとしおだっただろう。だが、カネに糸目をつけない奥さまの陰で、夫は怯え、悩んでいる。

観戦ツアーは4日で90万円

 裕之さんの妻・律子さん(58歳・仮名)は羽生の大ファンだ。

 「妻は旅行会社の観戦ツアーに申し込み、現地観戦しています。ツアー代金の詳細は怖くて聞いていませんが、たぶん何十万円もつぎ込んでいるに違いない」(裕之さん)

 今回、平昌五輪の指定旅行会社として、JTBをはじめ数社が観戦チケットつきのツアーを日本国内で販売している。

 JTBの「フィギュアスケート・男子シングル観戦券付きツアー」は、4日間でなんと90万8000円(一番良いカテゴリーの観戦席の場合)。

 ずいぶん強気な価格設定に思えるが、いずれの社のツアーも即完売だったという。

 「そんなにするんですか。家計はすべて妻に任せていて、私のスーツも、アウトレットモールの値下げ品しか買わせてもらえないのに。これ以上羽生くんに入れ揚げたら、いったい、
いくら遣うことになるのか。すごく不安です」(裕之さん)

 夫の心配をよそに、妻の律子さんは羽生の魅力を力説する。

 「あの、華奢ではかなげな佇まいをテレビ越しに初めて見た瞬間に、身体全体に電気が走ったような気がしました。いまどき韓流アイドルでも、あんな正統派の王子様はいないでしょう」
オリンピックがお隣・韓国で開催されるのを機に、SNSを介して知り合ったファン仲間の「ユヅ友だち」に誘われ、初めて現地で観戦することにした。

 「前から『生で見るとぜんぜん違うよ』と言われていたのですが、ホントですね。リンクからユヅの息遣いまで聞こえてくる。一度経験したら、もう病みつきです。

こないだ『もう少し家のことをやってくれないか』とやんわり言ったら『じゃあ、時給くれるの』って(笑)。

 定年間近になってようやく家族とゆっくり過ごせると思っていたら、ひとりぼっちになってしまった。この悩みは、羽生くんが引退するまで続くのでしょうか……」

夫のこの嘆きを、どう受けとめるのか。

 「あきれられているのかもしれませんね。でも、夫には与えてもらえなかった幸福を、ユヅルが与えてくれる。
 今回の金メダルで、今まで以上に日本の女性がユヅルの素晴らしさに気づいてくれたと思います。きっとチケットはますます取りづらくなるけど、こんなに幸せなことはありません」
 かくして、「ユヅリスト妻」たちは日に日に増えていく。家庭も家計も溶かしてしまう羽生結弦は、やはりスゴすぎる。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00054667-gendaibiz-bus_all&p=1

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520133523/

続きを読む

シェアする

フォローする