漫画家、漫画村騒動に決着がつくほどの正論「出版社の怠慢ですから」

yjimage
1: 2018/03/10(土) 09:19:49.26 ID:TdCDNp+90.net
海賊版は潰すべきではなく、ビジネスで競争して勝つべきだと考えます。

法的措置や閉鎖させる運動は全く意味がなく逆効果です。
人は便利な方に流れる生き物なので、それを綺麗事を叫んで止めても無駄。
意味がない。海賊版は昔からありますし、これまで何個も潰したけれど漫画単行本の売り上げは2005年から下り続けています。
「はるか夢の趾」と「フリーブックス」を潰しても売り上げは1円も上がってません。下がってる。

出版社の漫画本と電子書籍の売り方は果たしてベストなのか?なんで紙と電子が同じ値段なの?
パックして積んでおけば売れる時代ですか?何でこんなに種類が多いんですか?
種類が増えて、中がわからなくて、1冊500円で、面白くなくても返品不可のおみくじみたいなもの、買いますか?
価格、売り場、見せ方、漫画の作り方、全部正しいですか?売り方が20年変わってない。コミックのビニールカバーひとつ外せない。

漫画を読む習慣がある人が一定より減って、一部のマニアだけのものになったら、いよいよ漫画は終わりです。
落語とかプロレスみたいにエンタメの第一線から退くことになるでしょう。
「この値段でこのシステムだったら利用しようかな」と思える定額読み放題サイトを作るべきだと思います。
http://www.huffingtonpost.jp/2018/02/08/pirated-manga-problem_a_23353898/

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1520641189/

続きを読む

シェアする

フォローする