【頭おかしい】新社会人になる大学生向けの「叱られ方研修」の特集がされる こんなのまだやってるところあるのかwwwwwww

1: 2018/03/10(土) 13:26:19.85 ID:OTqoX/ql0.net BE:329591784-PLT(12100)
http://img.2ch.net/ico/anime_syobon03.gif
3月8日の『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)で、叱られ方をレクチャーする“叱られ方研修”が特集された。
番組では4月から新社会人になる大学4年生に対し、講師が「叱られること」についてプレゼンする様子が放送された。

叱られ方研修では、講師が「怒る」と「叱る」の違いを説明。上司や先輩が叱るのは部下の成長を促す意図があると
説いた。

また、叱り言葉を部下が読み説く方法も教えた。叱られたからといって必ずしも「人格を否定された」「自分が上司を
失望させた」とは思い込まないよう、広い視野を持ち、叱られた意味を解釈できるようレクチャーしていた。

最近の若者は叱られることへの耐性がなく、少し注意しただけでもショックを受け、簡単に退職してしまいがちだ。卒業
生の離職率を下げるために、企業だけでなく学生を抱える大学の「叱られ方研修」への需要が高まると予想される。

ただ、叱られ方研修についてネット上では「叱られ方すら研修するのか」「叱る側が勉強しろ」「なんで叱られる側が気を
使わなきゃいけないんだ」と批判の声も聞かれた。新入社員側に叱られ方を学ばせることに違和感を持つ人が多いよ
うだ。

現在、“叱り方研修”や“ホメ方研修”など、コミュニケーション能力の向上を目的としたセミナーが人気を集めている。
今や、コミュニケーション論を教わるのは当たり前になりつつある。

しかし、コミュニケーション能力は英会話やPCスキルと違い、セミナーやハウツー本のみで獲得できるものではない。
職場内の意思疎通を円滑にするために、セミナーで知見を高めるのは良い流れかもしれないが、職場で使えるコミュ
ニケーション能力を座学で磨くことができるのか、疑問を持つ人も多いだろう。

「仕事はコミュニケーション能力が大事」と声高に叫ばれているが、「コミュニケーション能力」とは具体的にどのような
能力を指すのか、改めて考える必要がありそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14413322/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520655979/

続きを読む

シェアする

フォローする