有働由美子アナがまた生放送でやらかしやがった・・・

女子アナ
有働由美子アナがまた生放送でやらかしやがった・・・

a


有働由美子「フィニッシュまでいかない」


NHKの有働由美子アナウンサー(47)の“失言”がまたしてもネット上で話題となっている。 

28日放送の連続テレビ小説「べっぴんさん」ではヒロイン坂東すみれ(芳根京子)の娘さくら(井頭愛海)が村田健太郎(古川雄輝)と社内でキスをしようとした寸前に邪魔が入る、というシーンが放送された。

28日放送の「あさイチ」は、いつものように“朝ドラ受け”からスタート。司会のV6井ノ原快彦が「またキスしようとしましたね~」と笑顔で切り出し、柳澤秀夫解説委員も「やっちゃえばいいんだよー」と応じたが、

有働アナ
あの雰囲気になった瞬間からわかりましたよ。朝ドラではフィニッシュまでいかないって。誰か入ってくるなーって
とのコメント。

その“フィニッシュ”に井ノ原は「あの…言葉にちょっと問題がありますよ。“フィニッシュ”って」とたしなめた。

有働由美子アナ名言?「フィニッシュまでいかない」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


有働由美子


有働 由美子(うどう ゆみこ、1969年3月22日)は、NHKのチーフアナウンサー。両親は熊本県の出身。趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。中学・高校時代は剣道部所属。大学では大学祭実行委員として、イベントの裏方をしていた。

小学生の頃から、新聞記者のように、人の知らないことを誰かに伝える仕事をしたいと思っていたという。大学生の時に湾岸戦争が勃発。戦火の中、世界中のテレビ局の特派員が戦況を伝えている姿を見て、テレビの世界のジャーナリズムに憧れ、アナウンサーを志望するようになった

a

有働由美子 - Wikipedia


関連動画




有働アナ 恋ダンス

スポンサーリンク
続きを読む
タイトルとURLをコピーしました