今田耕司がヒロミに無視され続けていた過去を告白

芸人
今田耕司がヒロミに無視され続けていた過去を告白

WVCvBLkNxCcr0yL1488241444_1488241450

目の前で挨拶しても、そのままシカト

タレントの今田耕司(50歳)が、2月25日に放送されたバラエティ番組「あるある議事堂」(テレビ朝日系)に出演。タレントのヒロミ(52歳)に、無視され続けていた時期があることを明かした。 

この日、番組にゲスト出演したヒロミの長男で俳優の小園凌央(21歳)が、「テレビを観ていて、親が笑ってないところでは笑わないようにする」と告白。

番組MCの今田は「お父さん特に笑わなかった人、誰とかいるの? お父さんこの人ホンマ嫌いやなとか」と質問。小園は「今田さんのはまあまあ笑ってました」と語ると、今田は「えっ!? 俺も? ホンマに?」と少し驚いた様子を見せた。 

その理由は「お父さんにずっと無視されててんから。廊下で会っても。目の前で挨拶しても、そのままシカトで行かれてたんですよ」。まだ20代前半、若手時代のことだというが、そうした経緯から、今田はヒロミに嫌われていたと感じていたようだ。

ただ、「去年くらいかな。初めてヒロミさんと飯食ったときに…あのときはオレ責めたんよ、『ずっと無視されてましたよ!』って。そしたら『悪かったよぉ』って」とのやり取りがあったそうで、いまは特に2人の間にしこりはないようだ。

今田耕司、ヒロミに無視され続けた過去を告白「挨拶してもシカト」 - ライブドアニュース

今田耕司(いまだ こうじ:1966/3/13生)


大阪府出身のお笑いタレント、司会者である。
1f519dbe

実家は道善寺という本門法華宗の寺で、父は会社員と住職を兼業していた。
住職である父親は誕生日がクリスマスであり、このネタはすべり知らずだと語る。

1985年、4期生としてNSCに入学。ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。
mqdefault

1986年、ピン芸人として活動を始める。
1990年、「ダウンタウンのごっつええ感じ」で全国的な知名度を獲得する。
20160120_daigo_52-300x225

2008年、未成年の女性に飲酒を無理強いさせ淫行に及んだと掲載された記事をめぐり、訴訟を起こし、掲載した講談社は謝罪広告を掲載し、今田は訴訟を取り下げた。

「芸能界随一のキレイ好き」として知られている。
松本人志は今田と千原ジュニアのトーク力を認めており「食いっぱぐれる事は無い」と評価している。

今田耕司 - Wikipedia


ヒロミ(1965年2月13日 )

日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、俳優、実業家、トライアスロン競技者(トライアスリート)。

株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長。本名、小園 浩己(こぞの ひろみ)。

東京都八王子市出身。プロダクション人力舎を経てビィーカンパニーに所属(マネジメント業務は田辺エージェンシーが担当した後、2008年からはプロダクションノータイトル)。

妻は歌手でタレントの松本伊代。長男はタレントの小園凌央(こぞの りょお)
hiromi1-340x276

ヒロミ - Wikipedia



動画



今田耕司がヒロミに苦言「好感度これ以上あげてどうすんですか。ここ1~2年酷いでっせ」

続きを読む
タイトルとURLをコピーしました